HTMLを使用できる!開封率を集計してメール改善に使おう

メール配信とは何をするもの?

メール配信とはインターネットを使って、テキストや画像などを相手に送信することを言います。メール配信でよく使われるのは、メールマガジンや自社の製品などをアピールする時に、マーケティング目的で利用されます。メールマガジンに登録している大量のユーザーに対して、メール送信システムで一括で送信できるため、メールマガジンに登録してあるアドレスが多ければ多いほど、その宣伝効果も大きくなります。ただし、メールを送ったら必ず相手が読んでくれるとは限らず、例えば1000人に送信した場合、その何割かはメールを読まずに削除してしまう恐れがあります。そのため、メール配信を行う場合、相手に読んでもらえるようにメールの内容を工夫する必要があります。

HTMLを使ってメールを装飾する

メール送信は基本的にテキストの文字が中心になり、ただ文章が長いだけのメールだと読んでくれない可能性があります。そのため、送信するメールを工夫しなければいけませんが、メール送信ではHTMLを使うことができます。HTMLとはホームページのレイアウトや装飾で利用される言語ですが、この言語をメールにも応用できます。ただのテキスト文字だけよりも、画像や文字の色、サイズなど目に留まりやすいデザインでメール送信することで、メールの開封率を上げるこができます。しかもHTMLでメール送信をすれば、メールの開封率も分かるためデータを集計してメールの改善を行うこともできます。今まで送ったメールの中でどのメールがよく開封されたのか、逆に開封率が低かったメールは何なのかが分かり、今後どんなメールを送れば良いのか、開封率が高くなるメールを作成しやすくなります。

取引先が多い企業において一括でメール配信する際は、メール配信APIを活用するという方法があります。最新の顧客データと連携することで、確実に無駄なくメール配信できます。