カゴ落ちメールが使える!購買意欲を掻き立てて売上アップ

カゴ落ちメールとはどんなものなのか

ECサイトを運営している方は顧客や見込み客のかご落ちを考えましょう。顧客は商品をかごに入れたまま放置している方もいます。これはカートに商品を入れたけれど忘れてしまった、もしくは検討中に起こりやすい減少です。このまま商品をかごに入れた状態だと売上は出ません。そこでメール配信システムのカゴ落ちメールを使うとよいです。メール配信システムではカゴ落ちが発生した時、カゴ落ちメールを自動配信する機能が備わっています。顧客や見込み客に対して定期的にアプローチできるので購買意欲を掻き立てたいときに使えます。うまく利用すればカゴの中に入れた商品に気づき購入してくれる可能性を上げることができます。上手に利益を上げるためにはカゴ落ちメールをうまく使う事が大事です。

カゴ落ちメールを送るときには工夫が必要

定期的にカゴ落ちメールを送信するときはちょっと注意が必要です。基本的に毎回カゴ落ちメールを送るときには件名などに工夫をしないといけません。毎回同じような内容だと開封率やコンバージョン率は下がってしまいます。ユーザーに飽きられてしまったら成果を上げる事ができないので気をつけましょう。ただ毎回内容を変化させるのは時間と労力がかかってしまい合理的ではありません。そこでちょっと工夫をするようにします。テンプレートの文章を若干変えたりバナークリエイティブをちょっと変化させるのがおすすめです。件名も若干変えるくらいにすればカゴ落ちメール製作者に負担はかかりません。カゴ落ちメールは顧客の注意を引いて見てもらう事が大事です。

メール配信のサービスはサーバー管理や顧客管理などメール送信以外の機能が充実しています。専門知識が不要なので利用すると便利です。